【横浜市鶴見区の司法書士事務所】土地建物の名義変更(相続・財産分与・贈与)・遺言・抵当権抹消・会社設立・社会保険・就業規則など<横浜・川崎・東京>

メールマガジン配信予告:「遺言の作成が必要な人、そうでない人。」

小椋 (2015年2月16日 10:28)|

小椋義雄メールマガジン【50歳からはじめる相続・遺言・不動産対策の秘訣】
 
次回は、2月18日(水)に配信いたします。
 
テーマは「遺言の作成が必要な人、そうでない人。
 
近頃の終活ブームに加えて、今年から適用される相続税の改正の影響もあってか、
遺言に関するご相談が増えています。
 
遺言を作成する主な目的は、自身の財産を、誰にいくら遺すのかという意思を
法律的に効果のある文書にすることです。
 
だとすれば、その人が置かれている状況によって、
遺言を作成する意味や必要性は大きく異なるはずです。
 
 
遺言書を作成しなければならない人はどんな人で、
逆に、遺言など必要ない人はどんな人なのか。
 
例えば、親一人、子一人の場合はどうでしょうか。
 
 
 
くわしくは、メールマガジンをご覧ください。
 
 
メールマガジン登録はコチラ