【横浜市鶴見区の司法書士事務所】土地建物の名義変更(相続・財産分与・贈与)・遺言・抵当権抹消・会社設立・社会保険・就業規則など<横浜・川崎・東京>

2014年6月 - お知らせ - 鶴見区【横浜市】 司法書士おぐら事務所

メールマガジン配信予告:「離婚したら住宅ローンはどうなるの?」

小椋 (2014年6月23日 10:12)|

小椋義雄メールマガジン【50歳からはじめる相続・遺言・不動産対策の秘訣】
 
次回は、6月25日(水)に配信いたします。
 
 

テーマは、「離婚したら住宅ローンはどうなるの?」。

 
 
離婚するとき、結婚している間に得た財産の清算を主な目的として、住宅の名義変更をすることがあります。
 
これを「財産分与」による所有権移転登記といいます。
 
贈与のように高額の税金がかかるわけでないため、比較的よく利用される手続です。
 
 
法務局での手続には、夫婦、正確にいえば、元夫婦だけが関わればよいので、ともすれば安易に考えてしまいがちです。
 
 
しかし、思わぬ落とし穴があります。
 
 
それは、残っている住宅ローンの問題です。
 
 
住宅の名義をどうするのかという問題は、住宅ローンの返済と切っても切れない関係にあることを十分注意しなければなりません。
 
 
やり方を間違えると、
 
残った住宅ローンを一括で返済しなければならなくなったり、
 
最悪の場合は、住宅を手放すことになるかもしれません。
 
 
 
くわしくは、メールマガジンをご覧ください。
 
 
メールマガジン登録はコチラ。
 

メールマガジン配信予告:「見知らぬ司法書士からの手紙」

小椋 (2014年6月 6日 13:50)|

小椋義雄メールマガジン【50歳からはじめる相続・遺言・不動産対策の秘訣】

 
次回は、6月11日(水)に配信いたします。
 
テーマは、「見知らぬ司法書士からの手紙」。
 
---------------------------------------------------------------------
 
Aさんは、お父様名義の土地上に自ら建物を建て、
奥様とお子さん、そしてご両親とで永年暮らして来られました。
 
 
高齢になった両親の介護はもっぱらAさん夫妻が担っていましが、
 
この度、お父様が亡くなりました。
 
遺言はありません。
 
 
Aさんは長男で、既に結婚して他県に住んでいる妹が一人います。
 
自宅の敷地の名義を、お父様からAさんに変えるためには、妹さんとお母様の同意が必要です。
 
 
 
名義変更のご依頼のため、当事務所を訪れたAさんのお話では、手続はすんなり進むはずだったのですが...。
 
 
数か月後、Aさん宛に見知らぬ司法書士から一通の封書が届いたのです。
 
その中身をみたAさんは、対応に困り、私にお電話を頂きました。
 
---------------------------------------------------------------------
 
あなたの下にも、いつかこんな手紙が届くかもしれません。
 
その時になって慌てたくない。
 
そんな方は是非、メールマガジンにご登録ください。
 
 
ブログやホームページでは、公開されていないポイントをご説明します。
 
お楽しみに。
 
 
メールマガジン登録はコチラ。
http://www.legal-adviser.matrix.jp/m_mag/