【横浜市鶴見区の司法書士事務所】土地建物の名義変更(相続・財産分与・贈与)・遺言・抵当権抹消・会社設立・社会保険・就業規則など<横浜・川崎・東京>

復興特別所得税の源泉徴収(平成25年1月以降の源泉徴収)について

小椋 (2013年1月 7日 09:01)|コメント(0)| トラックバック(0)

「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」(平成23年12月2日法律第117号)が平成25年1月1日に施行されることに伴い、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生じる所得について源泉所得税を徴収する際、復興特別所得税を併せて徴収、納付しなければならないこととされました。源泉徴収すべき復興特別所得税の額は、源泉徴収すべき所得税額の2.1%相当額となります。 
つきましては、平成25年1月1日以降に生ずる報酬・手数料等、源泉徴収が必要なお支払いの際には、ご注意くださいますよよろしくお願いいたします。 

○詳しくは国税庁ホームページをご参照ください。
1.復興特別所得減税関係(源泉徴収関係)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/fukko/index.htm
2.タックスアンサー
司法書士の報酬・料金からの源泉徴収についてはこちら
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2801.htm
社会保険労務士の報酬・料金からの源泉徴収についてはこちら
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2798.htm 

トラックバック

トラックバックURL: http://www.legal-adviser.matrix.jp/mt/mt-tb.cgi/135

コメントする