【横浜市鶴見区の司法書士事務所】土地建物の名義変更(相続・財産分与・贈与)・遺言・抵当権抹消・会社設立・社会保険・就業規則など<横浜・川崎・東京>

2012年6月 - おぐら司法書士のブロク - 鶴見区【横浜市】 司法書士おぐら事務所

養子と相続

小椋 (2012年6月28日 16:00)|

youshi_souzoku.jpg養子には、実子と全く同じ相続権が認められています。

そのため、後継者のいない事業の承継などの目的で利用されることがあります。

例えば、将来妻となる女性の父親から、家の事業を継いでもらいたいと頼まれたとき、妻の父親と養子縁組をしておけば、妻と同等の相続人となることができ、妻の父親の事業をスムーズに承継することができるのです。

また、子のない人が、自ら亡きあとに予想される配偶者と兄弟姉妹間の相続争いを避けるために養子縁組をするという例もあります。

再婚相手の子(連れ子)を養子にするということもよくあります。
この場合、縁組の目的は主に法律上の親子となることですが、結果的に相手の連れ子にも実子と同じ相続権が生じることになります。

子連れで再婚する夫婦は、お互いに相手の子を養子とすることで、将来の介護や相続といった場面で無用な争いを避けることが期待できます。

他人の養子になると、実親の相続人でなくな ると信している方が時々いますが、これは誤りです。
養子は養親、実親双方の相続人となります(ただし、特別養子は除きます。)。

カテゴリ:

会社設立登記は電子定款を添付してオンライン申請で!

小椋 (2012年6月18日 17:00)|

denshi_teikan.jpg会社の設立登記を申請するには、定款を必ず添付しなければなりません。

定款とは、会社の活動や組織について定めた根本規則を記載した書面または電磁的記録(パソコンに読み込める電子ファイル)のことです。

定款のうち、電磁的記録に公証人の認証を受けたものを電子定款といいます。電子定款なら従来の紙(書面)の定款に貼らなければならなかった4万円の収入印紙が不要ですので、今では広く用いられています。

当事務所では、全ての会社設立登記を電子定款を添付してオンラインで申請しています。

arrow_menu_btm2.gif会社設立など商業登記についてくわしくはこちら

カテゴリ:

「相続放棄」 故人の借金・負債を引き継がない方法

小椋 (2012年6月14日 15:00)|

souzoku_houki.jpg相続という言葉から連想するのは普通、
不動産や預貯金などのプラスの財産ですが、
借金などの債務、マイナスの財産も受け継ぐものであることに注意が必要です。

例えば、父親が不動産とその価値をはるかに超える借金を残して亡くなってしまったような場合はどうすればよいでしょうか。

自分の父親の借金だから、自分が代わって返済しようということであれば、それはそれで全く問題ありません。

しかし、もはやどうあがいても返せる額ではないという場合、相続人には相続権そのものを放棄するという手段が残されています。

相続放棄は、相続開始を知ったときから3ヵ月以内に被相続人(上記の例では父親)の住んでいた地域を管轄する家庭裁判所に申立てをします。

そして、相続放棄が認められると、その人は初めから相続人とならなかったものとみなされ、債権者はその人に支払いを求めることができなくなるのです。

債権者の方は、是が非でも借金を取り戻そうと、父親の不動産を競売するため、相続人に代わって相続人名義に所有権移転登記(相続登記)をしようとするかもしれません。

しかし、相続人全員が相続権を放棄してしまえば、相続人不存在という状態になります。
この場合、相続財産管理人が選任されると、不動産はその管理下に置かれることになり、債権者が相続登記をすることはできなくなります。
その結果、債権者は相続放棄をした債務者の相続人対してなす術がなくなってしまい、借金・負債は帳消しになります。

相続放棄のご相談をお受けします。詳しくはお問い合せ下さい。
http://www.legal-adviser.matrix.jp/gyoumu/saiban/souzoku_houki/

カテゴリ:

売掛金の未収を防ぐ

小椋 (2012年6月 6日 11:20)|

urikakekin.jpg売掛債権の回収は、特に最近多くの会社で直面している問題です。実際には、支払い督促や訴訟という裁判手続に至る前の段階で悩んでおられる事業主の方が多いように感じます。
ご存じのとおり、一般に金銭債権の履行は、債務者の支払能力と支払意思にかかっています。
そのため、どうしてもリスクを伴うことになりますが、これを避けるためには通常次のような方法があります。
1.(連帯)保証人を立てる。
2.土地・建物に抵当権を付ける。貴金属など価値ある動産を担保に取る。
3.公正証書を作成する。
これらの方法はいずれも、債務者に心理的に圧力を加えて、債務の履行を促すという点では共通しています。
だだ、取引先との間でこれらの厳格な方法をとるというのは、今後の取引にとって、少なくても心理的に支障がでることが心配されます。また、それなりに出費が伴います。
とはいえ、契約書(借用書でもおなじ)を作りだけで確実な支払いが確保できるかといわれればこれはなんともいえません。
結局、どのような手段を選択するかは、その顧客との今後の取引を含めた関係次第といえるかもしれません。 

カテゴリ:

抵当権登記の抹消なんて簡単?

小椋 (2012年6月 3日 15:04)|

抵当権の抹消登記について、電話などでのお問い合せで一番多いのが、
ずばり「料金がいくらか」というものです。

確かに、料金は事務所によっても異なりますので、他と比較されているのだろうなと想像しているのですが、最近特に気になるのが、料金のみに関心を注がれる傾向です。

抵当権抹消登記は、相続による名義変更などと比べて、定型的かつ容易な手続きだと
いう判断に起因することかもしれません。

「簡単な手続きなので、 かん自分でやってもできるらしいが、面倒なので依頼したい。
どうせ、どこに頼んでも同じだから安いのが一番だ」と。

また、この流れに乗ろうというのか、ネットの世界でも、
まるでファーストフードのようにひたすら安値をアピールする司法書士の広告が増える一方です。

なかには、「金融機関から受け取った書類一式を郵便で事務所宛送付し、費用を銀行振り込みすればOK!」と、安さと手軽さだけを強調するものまで出てくる始末です。

しかし、抵当権抹消登記の案件は、必ずしも定型的かつ単純明快なものばかりではありません。

teitouken120603.jpg例えば、次のような場合です。

(1)前提として名義人の方の住所変更や氏名変更が必要な場合。

(2)所有者や共有者の中に既に亡くなった方がいるために相続登記を併せて申請しなければならない場合。

(3)抵当権者である金融機関の合併などによる抵当権移転も併せて申請しなければならない場合。

その他、銀行などから受け取った書類の有効期限が切れている場合や必要書類が不足している場合などもあります。

また、費用についても、
例えば、一口にマンションの抵当権抹消といっても、
敷地と一体化しているマンションとそうでないものとでは、
事前調査と完了後の登記事項証明書の通数が異なり、当然、実費・手数料が違ってきます。

そのため、
当事務所では、抵当権抹消のご依頼についても、実際に書類をご持参いただき、その内容を確認し、費用も明示し、ご納得いただいた上でお受けすることとしています。

結果的に、前提となる登記もなく、単純なケースであることもあります。
しかし、電話などで最低必要となる費用だけを知らせてご依頼を受け、
実は、追加でこんな費用も必要になったから追って振り込んでくださいというのでは
誠実な対応とはいえないと考えています。

抵当権抹消の登記は、土地・建物に付いている担保をはずし、その負担をなくす大切な手続きです。
実際に依頼される司法書士の顔を見てから、ご依頼になることをお勧めします。

b014lis.gif抵当権抹消の登記についての詳細はこちら

 

カテゴリ: